子どもの脱毛はNG?(脱毛サロンの言い分)

小学生・中学生の脱毛はNG?脱毛サロンの言い分

水着やレオタード、子供は薄着になることが多いですよね。

ムダ毛が気になるのは小学生や中学生も同じ。
水泳や新体操のような水着やレオタードを着る競技はもちろん、
バレーやバスケだってユニフォームを着るとムダ毛が気になってしまいます。

でも、ほとんどの脱毛サロンは

生理の周期が安定してから(2~3回おなじ間隔でくるようになったら)脱毛はじめましょう

と説明しています。

これは、子供の肌がデリケートだからという理由もありますが、

それよりも

毛の周期が安定せず、効果がでにくいから

なのだそうです。


脱毛は毛の周期にあわせておこないます。

毛の生える周期はホルモンバランスに関係するので、ホルモンバランスが安定する=生理の周期が安定する、ということでこういう基準を設けているそうです。

とはいえ、もともと毛が濃い場合はとりあえず脱毛したいですよね

思春期以降の毛についてはそれでいいのかもしれませんが、もともと毛が濃い場合はもうちょっと早くからやりたいこともありますよね。

子供の脱毛に積極的に取り組んでいるサロンは2つあります。ミュゼとディオーネです。

エピレは子供の脱毛OK

ミュゼや脱毛ラボなど大手のほとんどは生理が定期的に来るようになってからという対応をする中、

エピレは7歳からの子供の脱毛に対応しています。

エピレのHPによれば

エピレのキッズ脱毛

とのこと。

長年の経験により

小さなお子様でも脱毛可能であると自信を持っている

のだとか。

光脱毛はもともと・・・

光脱毛は、光フォトフェイシャルと同じ技術を使っていますが、

この技術はもともと、赤ちゃんのアザの治療に使えるようにと開発されたものです。

なので基本的に肌にやさしく、子供にも安心して使えるよう設計されています。

エピレは  特定非営利活動法人 日本エステティック機構 で認定されている団体なのですが、
http://esthe-npo.org/
この日本エステティック機構から
キッズ脱毛が、安全面に問題がないことを確認しています。


子供なのに脱毛エステ?!と思いがちなのですが、
肌へのダメージの少なさを考えると、選択肢のひとつになりますね。

お試しコースが豊富なのでカウンセリング(親同伴で)に行ってみるといいかもしれません。

脱毛エステサロン

ディオーネはなんと3歳からOK

美容脱毛サロンのディオーネはなんと、3歳からOKです。

ディオーネもエピレと同じように光をあてていくのですが、ちょっと種類が違って
「蓄熱式のハイパースキン脱毛」です。

これは毛根ではなく「毛のタネ(バジル領域)」にダメージを与えて徐々に毛が生えてくる力を弱めていこう、という脱毛方式です。

「毛のタネ」は毛根よりも浅いところにあるので、当てていく光の強さがそれほど強くなくてもOKなのでより痛みを感じにくくなっています。

肌への刺激が弱く、敏感肌や子供の肌でもお手入れ可能ということで3歳からの脱毛が可能です。

お試しコースは7,560円で30分間気になる場所にディオーネの脱毛お手入れをしてもらうことができます。

ディオーネで採用している脱毛マシンは国産で自分の娘のムダ毛をなんとかしたいと開発されたもので、肌への痛みについては最大限配慮されています。

他の脱毛方法と比べてどうだろう?

フラッシュ脱毛以外にも色々な脱毛方法があります。
子供の脱毛の場合、やはり肌にあうかあわないかは重要なポイントです。

脱毛ワックス
すぐにムダ毛がなくなる。
毛を溶かして脱毛する。肌には刺激が強い。
自分でぬるとムラになってしまったりして思うような成果が出ないことも多い。すぐ生えてくる。
カミソリや毛抜きによる自己処理
すぐにムダ毛がなくなる
カミソリは肌の表面をキズつける可能性があり、毛抜きは毛根を引き抜くので炎症を起こしやすい。両方とも肌へのダメージは少なくない。
剃刀負けや埋没毛の不安、色素沈着への不安がつきまとう。
減毛ローション
肌への刺激は少ないけれど、効果を実感するまでには時間がかかる。
光脱毛
肌へのダメージは少ないが、効果を感じるまでには数回通う必要がある。
光を成長期の毛根にあてることにより毛の発生を抑制することができる。フォトフェイシャルと同じ理論なので美肌効果も期待できる。
医療脱毛
光を成長期の毛根にあてることにより毛の発生を抑制することができる。効果もすぐに実感できるがどうしても痛みはある。

WEB限定!人気箇所の脱毛が2,000円☆エピレ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする